妊婦が摂りたい葉酸の目安

葉酸は細胞分裂を助け、新陳代謝や十分な成長をはたすのに重要な役目を受け持っています。
研究によると、胎児の発育障害などの妊娠リスクを70%の確率で予防できる効果が報告され、厚生労働省からも『胎児の発育に必要不可欠な栄養素』として母子手帳に記載されるほどとなります。

 

妊娠1か月前から妊娠初期には、胎児の脳や脊髄などの中枢神経系の神経管が形成される時期でもありますので、特に葉酸は大切な栄養素となります。また、母乳の出をよくする効果も期待できます。

 

 

一日あたりの葉酸の摂取量の目安
成人男女 200μg
妊婦 400μg
授乳婦 320μg
許容上限摂取量 一日あたり1000μg

 

葉酸は妊婦だけでなく女性に必須の栄養素でもあります。
イライラ、疲れなどが続いたら葉酸不足を考えてみましょう。

 

 

妊娠中の女性だと普通の女性の2倍もの葉酸を必要とすることがわかりました。
不足して大きな病気の発症リスクを背負うよりも、余分に摂取するほうがいいと言われているのは、葉酸が水溶性のビタミンだからです。余分な栄養素が全て排出されるので摂りすぎても大丈夫だというのですが、それは食物から摂る場合です。葉酸をサプリメントで補う場合には過剰摂取には注意が必要ですので規定量を守りながら補いましょう。

 

 

妊婦に必要な葉酸の目安

妊娠中の人で400マイクログラムが一日に必要な量だとされていますが、いくつか例を示して目安というものを記載したいと思います。

 

朝食でご飯(150g)と納豆(50g)焼き海苔(1g)、生卵(60g)といったものを食べた場合には納豆でおよそ60マイクログラム、焼き海苔で19マイクログラム、生卵28マイクログラム、ご飯5マイクログラムとなりますから目安量として112マイクログラムの摂取が可能となります。
この献立で一日の必要量の約半分を摂取することができます。
これにお昼、夜と緑黄色野菜を含んだサラダ等を加えることで200グラムという目安は一応クリアできるはずです。

 

妊婦に葉酸が必須なのは女性たちに浸透してきていますが、妊活中の女性も葉酸が必要なことは知られていません。妊娠を望むなら妊娠前から葉酸はしっかり補給しておく必要があります。妊婦さんにおすすめの葉酸サプリを紹介していますので参考にして下さい。

妊婦におすすめの葉酸サプリ