妊娠初期には葉酸が不可欠

妊娠初期は体調にもとくに変化がなく、妊娠しているといってもピンときていない人もいますが、お腹の中には赤ちゃんが生きており母親が摂取した栄養素を吸収して大きくなりますので、普段食べる食事にも味付けや食材にも気を付けて欲しいところです。そういうことから妊娠初期は葉酸の成分が必要とされていて、血液中の赤血球を合成やアミノ酸の合成またはたんぱく質の促進作用や皮膚や口内粘膜の働きを強くするなど、体内で他のビタミン群と一緒に働きながらも円滑に進めるように促していますので、体を作る上では必要な栄養です。この時期は普段食べている食事の栄養を赤ちゃんと分けていますので、場合によっては成分が不足していることもあります。葉酸の場合もお腹にいる赤ちゃんの体作りにも必要な栄養分であり、不足しますと神経障害も起こってしまう可能性がでてきます。少し前は医師や助産師により葉酸の摂取を推奨していましたが、1日の目安以上に過剰に摂取をするのはよくないとされていることから、目安の数字くらいが望ましいとされています。ただ不足しているなと感じますと赤ちゃんにとってもよくないので、普段の食事では不十分だと感じましたら市販のサプリも一緒に摂取して下さい。

妊娠後期の葉酸はどれくらい必要なのか

妊娠後期に入りますとお腹が大きくなってきますので、お腹の赤ちゃんがすくすくと大きくなっている証拠でもありますが、お腹が大きくなっている分だけ動きにくくなってきますので、料理をするのも大変になってきます。ただ妊娠後期に入ってきますと出産まであと少しの状態になりながらも、この時期は濃い味付けの料理は高血圧の予防や妊娠糖尿病の予防にもなりますので、甘いものの摂取は控えて薄い味付けにしながらも栄養のある食事の摂取が望ましいですね。妊娠初期から葉酸の摂取は必要とされていますが、後期に入っても赤ちゃんの成長はしていますので引き続き目安ぐらいの分量の摂取はして欲しいですし、他の栄養分も満遍なく摂取することがベストです。体質によってつわりが治まり、お腹の中の赤ちゃんの分まで多く食べてしまったりすることがありますが、体重の増加は健康管理としてあまりよくはなく、理想は妊娠前の体重プラス7〜8キロまでとされております。しかし逆に減ってしまったり、体重の増加が少ないとお腹の中の赤ちゃんの成長にも影響が出てくることにもなりますので、妊娠したからといって太らないようにしようと考えないで子供の成長を第一に考えましょう。

 

妊婦に葉酸が必須なのは女性たちに浸透してきていますが、妊活中の女性も葉酸が必要なことは知られていません。妊娠を望むなら妊娠前から葉酸はしっかり補給しておく必要があります。妊婦さんにおすすめの葉酸サプリを紹介していますので参考にして下さい。

妊婦におすすめの葉酸サプリ